平成29年度
子育て支援員研修の御案内

地域のみんなで支える子どもたちの健やかな成長

あなたの経験を活かしてみませんか?

「子育てが一段落して、保育や子育て支援の現場で子育て経験を活かしたいと思っている方」、「保育士の資格を持っていて、今は現場から離れているが、補助役的な形で再び保育や子育て支援に関わってみようかと思っている方」をはじめ、自らの子育て経験や職業経験等を持っている地域の皆様の受講をお待ちしております。
実施者:栃木県保健福祉部こども政策課 受託者:株式会社TBC福祉教育センター

パンフレット、日程表のPDFファイルは下記の各ボタンよりダウンロードできます。

パンフレットダウンロード
日程表ダウンロード
申込書ダウンロード

「子育て支援員」研修について

「子育て支援員」って何?
厚生労働省が定めたカリキュラムの「基本研修」及び「専門研修」を修了し、保育や子育て支援分野の事業所に従事する上で必要な知識や技能等を修得したと認められる方のことです。
TBC福祉教育センターでは、栃木県から委託を受けて「子育て支援員研修」を実施し、本研修の修了者に、栃木県知事が「子育て支援員」であることの証書を交付します。
なぜ「子育て支援員」が必要なの?
平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」がスタートし、小規模保育、家庭的保育等の地域型保育や、地域子ども・子育て支援事業等の担い手となる人材を確保する必要があります。
そこで、保育や子育て支援等の仕事に関心を持ち、保育や子育て支援分野の事業所に従事することを希望する方、また従事している方を対象として、必要な知識や技能等を修得した「子育て支援員」を養成する研修を実施することになりました。

「子育て支援員」になるためには?

ステップ1申込書の提出
申込書の提出 地域で保育や子育て支援に興味がある!
子育て経験を活かして地域で保育や子育て支援の仕事がしたい!
そんな夢がある方は、ぜひ、チャレンジしましょう!!
ステップ2受講決定
受講決定 実施者:栃木県
受託者:株式会社TBC福祉教育センター
ステップ3基本研修の受講・修了
基本研修の受講・修了 子育て支援に関する基礎知識等の修得や自覚の醸成のための講座を受けていただきます。
ステップ4専門研修の受講・修了
専門研修の受講・修了 次に、子育て支援分野の各事業に従事するために必要な専門的知識・技能等の修得のための講座に進みます。
ステップ5修了証書の交付
修了証書の交付 全講座の受講後、コース別に修了証が栃木県知事から交付されます。
ステップ6子育て支援員
子育て支援員 おめでとうございます。子育て支援員として大いに御活躍ください。

コースの種類と概要

地域保育コース
「子ども・子育て支援新制度」によって地域型保育として位置付けられた小規模保育や家庭的保育(保育ママ)、事業所内保育、一時預かりの保育従事者等や、ファミリー・サポート・センターで提供会員となる方のためのコースです。
地域子育て支援コース
地域子育て支援拠点(公共施設等の身近な場所で、子育て中の親子の交流や子育ての相談、子育てに関する情報提供を行う場)に勤務したり、利用者支援事業(子育てひろば等の子育てをしている親子の集まりやすい場所で保護者に必要な支援を実施)に従事する方のためのコースです。
放課後児童コース
放課後児童クラブ(保護者が就労等により昼間家庭にいない児童(小学生)に対し、小学校の余裕教室等で放課後等に適切な遊びや生活の場を提供する事業)の補助員として、従事する方のためのコースです。
  研修形態 事業内容 基本研修 専門研修
地域保育
コース
小規模保育事業
(保育従事者)
定員6~19人の少人数の子どもを対象に、保育所に近い雰囲気の中で、ニーズにきめ細かく対応できる保育を行う事業です。 基本研修
8科目
8時間
(共通科目)
12科目15時間
6科目
6時間
+2日
家庭的保育事業
(家庭的保育補助者)
家庭的保育者の居宅等において、少人数(定員5人以下)の子どもを対象に、より家庭的な雰囲気のもとで、ニーズにきめ細かく対応できる保育を行う事業です。
事業所内保育事業
(保育従事者)
会社等の事業所内の保育施設等で、その会社等の従業員の子どもや地域の子どもを対象に、ニーズにきめ細かく対応できる保育を行う事業です。
一時預かり事業
(保育従事者)
家庭において保育を受けることが一時的に困難になった子どもについて、保育所等において一時的に預かり、必要な保護を行う事業です。 6科目
6時間
+2日
ファミリー・サポート・センター
(提供会員)
子育て中の保護者等を会員として、子どもの一時的な預かりの援助を受けることを希望する方に、提供会員がその援助を行う事業です。 4科目
6.5時間
地域子育て支援
コース
利用者支援事業・基本型
(専任職員)
子育て家庭のニーズを把握し、様々な情報提供や、相談等の支援を行うと同時に、地域の関係機関との連携や協働の体制づくりを行う事業です。 9科目・16時間+1日
利用者支援事業・特定型
(専任職員)
子育て家庭のニーズを把握し、地域の教育・保育施設の情報提供や、相談等の支援を行う事業です。 5科目・5.5時間
地域子育て
支援拠点事業
(専任職員)
公共施設等の身近な場所で、子育てについての相談や情報提供、その他の援助を行ったり、親子の交流の場を設けたりすることで、地域の子育て支援機能の充実を図る事業です。 6科目・6時間
放課後児童
コース
放課後児童クラブ
(補助員)
保護者が就労等により昼間家庭にいない児童(小学生)に対し、放課後等に適切な遊びや生活の場を提供する事業です。 6科目・9時間
の研修形態は研修が原則として従事要件となっている事業。の研修形態は研修の受講が推奨されている事業

子育て支援員 研修日程(平成29年度)

【基本研修】
研修名 日程 時間 定員 場所
基本研修A(県央会場)
平成29年9月22日(金)
平成29年9月29日(金)
9:30~14:50
9:30~14:50
100 栃木県教育会館
(宇都宮市駒生1-1-6)
基本研修B(県南会場)
平成29年9月17日(日)
平成29年10月8日(日)
9:30~14:50
9:30~14:50
100 国際ティビィシィ小山看護専門学校
(小山市神鳥谷2247-11)
基本研修C(県北会場)
平成29年9月18日(月・祝)
平成29年9月24日(日)
9:30~14:50
9:30~14:50
100 トコトコ大田原
(大田原市中央1丁目3番15号)

※2日間受講する必要があります。

【専門研修】
研修名 日程 時間 定員 場所
地域保育コース 共通科目 平成29年10月10日(火)
平成29年10月16日(月)
平成29年11月1日(水)
9:30~16:30
9:30~15:50
9:30~15:30
160 栃木県教育会館
(宇都宮市駒生1-1-6)
選択 地域型保育 平成29年11月8日(水) 9:30~17:30 120 栃木県教育会館
(宇都宮市駒生1-1-6)
見学実習2日間 8:30~17:30 各実習先
一時預かり事業 平成29年11月13日(月) 9:30~17:30 60 栃木県教育会館
(宇都宮市駒生1-1-6)
見学実習2日間 8:30~17:30 各実習先
ファミリー・サポート・センター 平成29年11月21日(火) 9:30~17:20 40 栃木県教育会館
(宇都宮市駒生1-1-6)
地域子育て支援コース 利用者支援事業(基本型) 平成29年10月20日(金)
平成29年10月27日(金)
9:30~15:20
9:30~13:20
20 とちぎ福祉プラザ
(宇都宮市若草1丁目10-6)
見学実習1日間 8:30~17:30 各実習先
利用者支援事業(特定型) 平成29年11月3日(金・祝) 9:30~16:30 40 TBC福祉教育センター
(宇都宮市南大通り2-1-2 )
地域子育て支援拠点事業 平成29年10月6日(金) 9:30~17:10 100 栃木教育会館
(宇都宮市駒生1-1-6)
放課後児童コースA(県央会場) 平成29年12月3日(日)
平成29年12月10日(日)
9:30~15:10
9:30~15:10
50 TBC福祉教育センター
(宇都宮市南大通り2-1-2 )
放課後児童コースB(県南会場) 平成29年11月19日(日)
平成29年11月26日(日)
9:30~15:10
9:30~15:10
50 国際ティビィシィ小山看護専門学校
(小山市神鳥谷2247-11)
放課後児童コースC(県北会場) 平成29年10月22日(日)
平成29年10月29日(日)
9:30~15:10
9:30~15:10
50 国際自動車・ビューティ専門学校
(大田原市紫塚2-2609-2)

※1 複数の期日が記載されているものは、全て受講する必要があります。
※2 地域保育コースについては、共通科目及び選択科目を受講する必要があります。

【見学実習について】

【1】地域保育コースのうち「地域型保育」及び「一時預かり事業」は2日間、並びに地域子育て支援コースのうち「利用者支援事業(基本型)」は1日間、講義を受けるほか、指定された事業所(保育所等)において8:30〜17:30の見学実習を行っていただきます。
【2】見学実習は、既に保育所等に勤務し、保育士等の資格のある方も実施する必要があります。この場合、現在従事している保育所等とは別の事業所で実施していただきます。
【3】見学実習の際に、健康診断等を各自が受けていただき、その結果の報告をお願いする場合がありますので、あらかじめ御了承ください。

【事前学習について】

地域子育て支援コースのうち「利用者支援事業(基本型)」は、事前学習が必要になります。その内容等については、申込み受付後にお知らせします。


よくある御質問

Q誰でも研修は受けられるの?
A栃木県内に在住又は在勤(保育や子育て支援分野)等で、保育や子育て支援等の仕事に関心を持ち、県内において保育や子育て支援等の分野で従事することを希望する方が対象となります。
Q費用はどのくらいかかるの?
A研修への参加費用は、無料です。
ただし、会場への交通費や昼食代は、原則として自己負担となります。なお、コースによっては、テキスト代等がかかります。
Q資料請求はできるの?
A子育て支援員研修に関するお問合せや、資料請求は、下記まで御連絡ください。
TBC福祉教育センター
子育て支援員研修事務局 担当:上野 TEL028-651-2171 FAX:028-614-8502
Q全ての研修を受けなければならないの?
A保育士や社会福祉士の資格をお持ちの方は、基本研修が免除されます。
そのほか、幼稚園教諭、看護師、保健師等の資格をお持ちの方で、日々子どもと関わる業務に携わっている方も基本研修の免除が可能になる場合があります。
【下記注意事項】をご参照ください。
Q研修修了後の働き先はどう探すの?
A働き先については、市町の広報紙等に掲載された求人情報やハローワ-ク等で御確認ください。
また、とちぎ保育士・保育所支援センターでも相談を受付けております。
【詳しくは、下記〔とちぎ保育士・保育所支援センター〕をご覧ください】
【注意事項】
  1. 保育士及び社会福祉士の資格を有している方は、基本研修の受講が免除されます。
    受講希望者は、その資格を証するものを郵送してください。
  2. 幼稚園教諭、保健師、看護師等の資格を有し、かつ、日々子どもと関わる業務に携わること等の実務経験がある場合には、基本研修の受講が免除されます。
    受講希望者は、その資格を証するもの及び実務経験を証するものを郵送してください。
  3. 専門研修は、基本研修を修了した方〔1及び2の基本研修受講免除者を含みます〕のみが受講することができます。
  4. 「利用者支援事業(基本型)」の受講には、地域子育て支援拠点事業や保育所における主任保育士業務等に1年以上の実務経験があることが必要です。
    受講希望者は、実務経験を有することを証するものを提出してください。

お問合せ先・お申込先

〒321-0963宇都宮市南大通り2-1-2 TBC学院ビル7F
株式会社TBC福祉教育センター教育事業部 子育て支援員研修事務局
TEL:028-651-2171 FAX:028-614-8502 MAIL:fkc@fkc-fukusi.info

パンフレット、日程表のPDFファイルは下記の各ボタンよりダウンロードできます。

パンフレットダウンロード
日程表ダウンロード
申込書ダウンロード